包茎にも大きく分けて3つの種類があります


真性包茎
平常時でも勃起時でも常に男性器の亀頭部に包皮が被っている状態えお真性包茎と呼んでいます。
亀頭と包皮が癒着していることが多く、平常時だとしても包皮をめくることがむずかしいかもしくは出来ず、勃起時にも皮がかぶったままとなりますので、まず正常な性交渉がむずかしいと言えます。包皮の中が不衛生になりやすく、感染症になる恐れがあるということと、
成長期に亀頭が包皮に常に覆われているために亀頭の成長が阻害されています。このため亀頭が小さいまま性器が成長し、先の細くなった状態で成長が終わってしまうことになります。
この様な理由からも、成長期に合わせて手術することが望ましい例です。

カントン包茎
先天的に包皮口が狭い事がまず特徴です。そのため平常時には亀頭をどうにか露出させることができるのですが、勃起するとそれが出来なくなるばかりでなく、包皮そのものが亀頭を圧迫することになります。
だからと言って無理に包皮を翻転させて亀頭を露出させた時、その皮がペニスを締め付けることとなり、その結果、痛くて元に戻せないということも起こります。
カントン包茎は既に症状が悪化した時の状態を指すとも言えるので、早急に外科治療を施す必要があります。

この時血管やリンパ管が狭い包皮輪に絞扼されて循環障害などの症状を起こしやすくなります。
放置しておくとその部分で皮膚が炎症を起こして亀裂を生ずることもあり、反転した包皮が浮腫状に腫脹したり、うっ血して亀頭が赤紫色に腫れるなど激しい痛みを伴うなどの状態になるといよいよ危険になり、成長期が終わってもこの様な状態であるならばなるべく早い段階で手術をするべきです。

仮性包茎
日本人の多くが仮性包茎だと言われていますが、程度の差が幅広く、一般的には平常時は包皮が亀頭を覆っていても勃起時は亀頭が露出する、または手でめくれば亀頭を露出することができる状態が一般的な仮性包茎と言えますが、この様な状態は日常生活に差し支えないといえます。ただ、真性包茎に近いくらいの重い症状の仮性包茎もあり、治療が必要かそうでないかの判断は難しいです。
「仮性包茎」の定義は幅広いといえます。

真性包茎、カントン包茎は保険適用の対象になっているので、仮性包茎か真性包茎かどっちといっていいかわからないくらいのものが、何かのきっかけで重症化した場合や、勃起時でも包皮をめくるのがむずかしい位の、感染症の危険性をはらんでいるような状態のものが治療の対象となりますが、
そうでない軽度の包茎でもコンプレックスの解消という理由で、それほど重度でなくとも包茎手術を希望する男性は増えつつあります。

ただ、コンプレックスの解消は別としても、包茎が要因と考えられる感染症など衛生面に問題を感じている場合にはクリニックを受診することをお勧めします。

  • ABCクリニック大阪梅田院のご予約はこちらから(TOPページ)



  •  

    サイトマップ

    体力に自信あります